肥満遺伝子検査キットを使うとどんなダイエットができる?

  • 効率的なダイエットや生活習慣の改善ができる
  • どのダイエット方法が自分にピッタリなのか分かる
  • やみくもにダイエットサプリなどお金を使うことがなくなる

人はみんな、必ず肥満遺伝子を持っています。
肥満遺伝子には4つのタイプがあり、それぞれ効率的なダイエット方法が違います。

ダイエットで失敗し続けてきたのなら、もしかしたら自分の肥満遺伝子に合っていないダイエット法を続けてきたのかもしれません。

肥満遺伝子検査は、自分の体質と合わせて、ダイエットにどう取り組んでいくのかを探るきっかけになります。つまり、痩せるためのヒントがもらえるということ。

遺伝子は一生変わるものではないので、検査は一度だけでOKなんですよ。

遺伝子検査をした感想

遺伝子タイプが分かったことで、自分向けの食事の摂り方がとても参考になりました。効果的なダイエットにつながっていると実感しています。

雑誌の診断チャートとかをやってみて、自分のタイプを疑問に思っていたけど、一生に一回だし、調べてもらった方がいいと思ってやってみました。

検査結果で伝えられる傾向や対策は、ダイエットマニアならわかりきった事ばかりで新たな発見はナシ。けれども、自分がどのタイプか知らずにダイエットに挑戦していたので、検査を受けて、これまでやってきたダイエットが間違ったものであると気づきました。

女性はホルモンの関係でダイエットが歳とともに難しくなるので、若いうちから自分の肥満遺伝子を知っておくとキレイに歳を取れると思います。

産後太りとか中年太りのように、ぽっちゃりボディラインだった過去がウソのようです。みんな痩せられるとは思いませんが、痩せる確率は高くなるのではないでしょうか。

DHCの肥満遺伝子検査キット

DHCの「遺伝子検査 ダイエット対策キット」は、2008年6月11日に販売を開始したロングセラー検査キットです。わずか2か月間で17,000個も売れ、今でもコンスタントに売れている実績のある検査キットです。

DHCの検査キットの特徴

  • 病院で検査が自宅でできる
  • ダイエットサプリなどのアフターフォローもある
  • 遺伝子検査相談室からダイエットのアドバイスがもらえる

肥満遺伝子の4つのタイプはそれぞれ「糖質の代謝が苦手」「脂質の代謝が苦手」「たんぱく質の合成が苦手」「ニガテなものはない」という特徴があります。 肥満傾向としては「内臓脂肪が付きやすい」「下半身が太りやすい」「筋肉が少なく痩せにくい」「生活習慣が原因」となっていて、検査で自分がどれに当てはまるのか具体的に分かります。

もし、運動はイヤだからサプリを使って痩せたいと思ったら、検査結果をもとに52パターンに体質を細分化してピタリなサプリを提案&購入(割引アリ)もできます。

やみくもに流行りのダイエットに飛びついてダイエットに失敗するよりは、まずは自分のカラダを知って効率よくダイエットした方が、お金も時間もかかりませんよ。